破産 申立

  • 任意整理

    自己破産申立てから免責許可までおよそ3ヶ月、個人再生は申立てから再生決定までおよそ6ヶ月かかりますが、任意整理は当事者間の話し合いによって解決する制度ですので、比較的短時間で債務を減額することができます。 ② 手続き後の利息が消滅する借金には、おおよそ借りた額に対する利息が付されていますが、任意整理をした際には...

  • 自己破産

    借金が膨れ上がって、返すことが現実的に不可能になってしまったとき、債務整理の中で自己破産という制度を運用する方が少なくありません。自己破産とは、自分が現在負っている借金(債務)を全て免除してもらう裁判上の手続きのことを言います。この制度は、「借金が帳消しになる」ということだけを聞けば非常に簡便な手段であると考えて...

  • 個人再生

    債務整理制度のなかには、自己の財産を処分することと引き換えに債務の全部を免除してもらう自己破産と言われる制度が存在します。それに対して、個人再生はあくまで弁済するということを前提にしていますので、自分が所有している不動産や車などを守ることもできます。個人再生手続きを申し立てたとしても、引き続き自分の財産を所有する...

  • 遺言作成

    未成年者や破産者は遺言執行者となれませんが、それ以外の制約はありません。 ⑤の遺言の形式については、3形式あります。自分で執筆する「自筆証書遺言」、公証人に書いてもらう「公正証書遺言」、自分で執筆したものを公証人遺言の存在を証明してもらう「秘密証書遺言」の3つです。最も無効になりにくいといわれているのは、「公正証...

  • 調停離婚

    申し立てには、申立書や夫婦の戸籍謄本などが必要となります。 離婚調停は、調停委員会が夫婦の間に入る形で話し合いをすすめていきます。夫婦それぞれが個別に、調停委員に対して自分の考えや思いを伝え、双方の意見を聞いた調停委員が話し合いをまとめていってくれます。夫婦だけで話し合いを行う場合に比べて、冷静に自分の考えを述べ...

  • 子供の養育費

    また、養育費を決めずに離婚した場合には、養育費請求調停を申立することができます。弁護士は、養育費についてのお悩みを解決するサポートを行っております。 弁護士 嶋本 雅史(希望法律事務所)は、東京都立川市を中心に、八王子市や多摩地区の皆様の、離婚や相続、債務整理などの問題について、豊富な経験と知識をもとにより良い解...

  • 離婚後の氏と戸籍

    なお、離婚後3か月が経過した場合には、氏の変更許可の申立てを家庭裁判所に行うことで婚氏続称が可能ですが、この場合には必ずしも認められるわけではないことに注意が必要です。 ■離婚後の戸籍結婚すると、夫婦が同じ戸籍になります。離婚ではどのように戸籍が変わるのでしょうか。 まず、結婚で氏が変わらなかった方は、離婚後も戸...

事務所概要Office Overview

名称 希望法律事務所 弁護士 嶋本 雅史
所在地 〒190-0023 東京都立川市柴崎町3-6-19 勇和ビル3階
TEL/FAX TEL:042-528-8131 / FAX:042-528-8132
対応時間 月~土 9:30~17:30(事前予約で時間外対応可能です)
定休日 日曜・祝日(事前予約で休日も対応可能です)
アクセス
  • JR立川駅南口から徒歩3分
  • 多摩都市モノレール立川南駅から徒歩2分

ラーメンスクエアや、りそな銀行立川支店の入っている商業ビル「アレアレア2」の裏側です。 駐車場は備えておりませんので、お車でお越しの場合は事務所両隣のコインパーキング、アレアレア地下駐車場などをご利用いただければ幸いです。

事務所外観